相続放棄はどんな制度?負の遺産を相続しないために

亡くなった親が、とても返済できないような多額の借金を残していた……。

そんな場合には『相続放棄』を選択することができます。これは、相続人が財産を相続したくないときに選べる手続きです。相続放棄とは、具体的にどのような内容なのでしょうか。主な考え方を解説します。

相続放棄をすると財産も負債も相続しなくなる?

相続放棄とは、その言葉の通り『被相続人の財産に対する一切の相続権を放棄すること』です。ここでいう財産とは、負債も含めその一切を指します。つまり、相続放棄をすれば、プラスの財産も相続できませんが、借金の相続から逃れることができるといえます。

相続放棄は民法によって、『相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。』と規定されています。つまり、父親が亡くなって、配偶者である母親と、その子どもである兄・妹の3人が相続人となった場合に、妹が相続放棄をすると、相続人は最初から母親と兄のみであると見なされるのです。

相続放棄の期限は原則3カ月。『相続の放棄の申述』の手続きを

相続放棄は、相続開始を知ったときから3カ月以内に行うと定められています。家庭裁判所の審判により期間を伸長することもできますが、相続放棄をすると決めたら、早めに家庭裁判所で『相続の放棄の申述』の手続きをとりましょう。

また、相続放棄のほかに『限定承認』という制度を活用するという選択肢もあります。相続放棄が、被相続人の財産や負債を一切受け継がないのに対し、限定承認は、相続開始を知ったときから3カ月以内に、相続財産の目録を作成して家庭裁判所に提出することで『相続によって得た財産』を限度として、被相続人の債務などを相続します。

二つの違いをしっかり認識しておきましょう。