「円満相続」相談窓口勉強会No.8

うまく利用できれば節税効果あり!自宅相続における配偶者居住権!!

残された配偶者が被相続人の所有する建物に居住していた場合に、被相続人が亡くなった後も安心して自宅に住み続けられる権利である『配偶者居住権』。これは、残された配偶者がいままで通りの生活を送れるようにするための方策の一環ですが、相続税の節税手段としても使えることがあります。今回は、配偶者居住権と節税の関係について紹介します。

利用権と所有権を分ける 配偶者居住権とは

配偶者居住権とは、被相続人が所有していた自宅に、被相続人が亡くなった後も配偶者が一定期間、または生涯住み続けられる権利のことです。法改正によって、所有権と配偶者居住権を分けて相続することができるようになったため、自宅の所 有権が子どもや親戚などの第三者に渡ってしまっても、配偶者は賃料の負担なく住み慣れた住居に住むことができます。

この配偶者居住権が、相続税の節税になるといわれていますが、具体的にはどのような場合のことをいうのでしょうか。 それは、二次相続を行う場合です。父親が亡くなり母親と子どもが相続人となった後、母親が亡くなって子どもが母親の財産を相続することを『二次相続』といいます。

まず、仮に評価額が1億円の自宅について、最初の相続のときに母親が配偶者居住権として3,000万円分、子どもが所有権として7,000万円分を相続していたとします。このとき、配偶者は配偶者控除として1億6,000万円までは非課税となるため、相続税がかかるのは子どもの7,000万円についてのみです。

そして、その母親が亡くなると、次は二次相続となります。配偶者居住権を取得していた場合は、配偶者であった母が亡くなることで権利そのもの が消滅するだけのため、3,000万円を子が相続することはなく、相続税も課税されません。 しかし、もし、母親が一次相続の際に相続したのが配偶者居住権ではなく所有権だった場合、3,000万円を子が相続することになるため、3,000 万円に対して相続税が課税されるのです。

節税対策であれば「小規模宅地等の特例も視野に!!」

相続にまつわる民法改定のポイントは知っておいてください

 令和2年7月より遺言書保管法の開始をしました。相続登記義務化5万円以下または10万円以下の過料 不動産登記法改正 遺贈の登記が単独申請で可能? 遺産分割特別受益 寄与分主張いつまでできる?民法改正(相隣関係)枝木の切り取りも自分で行えるようになった???  

相続税、相続法は税理士 司法書士さんでも精通している専門家(実績ある)は少ないです。まずは、信頼と実績のロイヤルハウジンググループ「円満相談 相続窓口」 相続診断士 堀口(ほりぐち)までお声をかけてください。わからなくても 全然大丈夫です。認知症になった場合は生前対策がほぼできなくなります。円満相続のきっかけになっていただければ幸いです。