「円満相続」相談窓口勉強会No.4

タンス預金はばれる?

本日は、税務調査官が実際に、名義預金をチェックするポイント5つを相続アドバイザー(円満相続税理士法人認定)がお伝えします。まずは、どうして「名義預金」を取り上げたのか?の理由をお話します。
こちらのグラフをご覧ください。このグラフは、税務調査で申告漏れが指摘された財産の金額を表しています。その中の「赤色」が現金・預貯金等です!亡くなった方名義の預金をわざわざ隠す人はほとんどいないでしょう。
つまり、名義預金やタンス預金での申告漏れが、こんなにも多いということなのです
タンス預金のお話はネットで「円満相続 相談窓口 ロイヤルハウジング」検索→相続コラムの「タンス預金はばれる」相続のこと日本一わかりやすい 円満相続税理士法人 橘先生提携動画でご覧ください。

名義預金についての判断基準

名義預金とは、名前だけは子供や孫や配偶者にはなっているけれど、実際にその預金を貯めたり使ったりするのは本人のままであるものです。

表面上の名前だけを、親族に移して、相続税の対象から逃れさせようと考えたり、良かれと思ってお子さんの名前にしていたりするケースですね。

相続税を考える際には、表面的な名前ではなく、実際にだれがその預金を管理・運用できていたかによって所有者を判断します!

本人の預金なのか、名義預金かどうかを、税務署がどうやって判断するのか・・・

5つのポイント

(1)管理・運用はダレがしていた?
(2)届出印はちゃんと本人独自のもの?
(3)贈与の場合、110万円超であれば、贈与税の申告をしていた?
(POINT:手書きであれば、誰の字か)
(4)口座作成の際の住所はどこ?
(5)利息の振込先は本人の口座?
このような観点から税務署は名義預金の調査を行います!
私は、これらの論点の他に、
このような目線からも確認をしています。
・そもそもそのお金はダレが生み出したか
・贈与があったのであれば、双方合意の元、法的効力のある形で贈与がされていたか
・通帳印鑑やネットバンクであればID・PASSはだれが知っているか
・いつもどこのATMでお金を引き出しているかなど、、、
もし、皆さまが、「あ!私は名義預金がある!」と思われましたら、名義預金を解消する方法もございます。
また、「名義預金かビミョウなところだな・・・」という方もいらっしゃると思います。

税理士 橘慶太
税理士 橘慶太
相続税の研究を愛する相続専門の税理士。
23歳で税理士試験に合格し、国内最大手の税理士法人で6年間の修行を積んだのちに独立。円満相続税理士法人の代表を務める。
ぶっちゃけ相続表紙
ぶっちゃけ相続

日本一の相続専門YouTuber税理士がお金のソン・トクをとことん教えます!
橘慶太(著)

※円満相続相談窓口にご相談いただいたお客様先着10名様にプレゼントいたします。

相続専門YouTuber税理士、「ぶっちゃけ相続」の著者、橘慶太さんが代表を務める「円満相続税理士法人」による無料相談キャンペーン実施中!

通常【相談料3万円(税別)/1時間】のところ、ロイヤルハウジング販売で専属専任売却をいただけた方に限り、「円満相続税理士法人」所属の税理士による相続相談を弊社にて負担させていただくキャンペーンを行っています。是非この機会にご相談ください。

※お取り扱いできない地域のエリア物件の際はお断りさせていただく場合がございます。ご承知おきください。

※相談対応は、原則として弊社にお越しいただくか、zoom等での対応になります。相続が発生しており、相続申告等が必要になりそうな方に限り出張対応が可能です。

さらにメルマガorライン@登録ですべてのお客様に相続相談1万円値引きキャンペーン実施中(今だけ)