「円満相続」相談窓口勉強会No.3

円満相続の【3つのコツ】

争いの原因は「遺産額」ではなく「遺産の分け方」といえます。トラブルになる可能性がある不動産については、時下評価や現地調査など現状を正確に把握し、誰に相続させるか決めるなど対策を準備しておくことがご家族の幸せにつながります。

家族会議で相続の方針を明確にする

将来的に遺産を相続する子供たちの多くは「遺産を1円でも多く相続したいから」ではなく家族間でもめごとが起きるのが嫌だから相続の話をきちんと話しておきたい、という気持ちを抱えています。

一方、肝心な親はどうでしょう。

  • 相続なんて縁起の悪い話しをするな
  • 相続税は遺産の中から払えばいいじゃないか
  • 私が死んだあとのことなんて知らん!!

と相続の話しを極端に嫌う方がいます。

確かに自分が死んだときの話しは気持ちの良いものではありません。

父が相続の準備をしてくれません。何とか父を説得してくれませんか?という相談を税理士が受けることがありますがこれは専門家の領域を超えていますのでお力になれないそうです。

解決

ロイヤル「わたしの相続相談窓口」では相続診断士が家系図1枚から丁寧にご相談に応じます。

専門家に現状分析を依頼し問題点を把握する

次に現状分析です。

  • 遺産をどのように分けるのか
  • 相続税はどれくらい発生するのか
  • 当面の生活に困らない資金は確保できる

といった課題を把握する作業をします。

解決

提携税理士フィナンシャルプランナーがお話しをしながらそもそもどれくらいの財産があるのか把握します。

相続人の間で秘密は極力避ける

よくあるケースとして「あなたに生前贈与するけど、他の兄弟に言うと喧嘩になるから秘密にしておきなさい」と他の相続人には秘密で生前贈与する方がいます。

他にも、特定の相続人を生命保険の受取人に指定し、そのことを他の相続人に秘密にしていることもあります。

本人たちとしては言わなきゃばれないと安易に考えがちですが後々になって発覚することがよくあります。

特に相続税が必要になる方の場合発覚する可能性は各段に高くなります。

相続が発生する前3年以内に・・・・

解決

特定の相続人に生前贈与などをするのであれば家族会議の場で伝えておくことです。

税理士 橘慶太
税理士 橘慶太
相続税の研究を愛する相続専門の税理士。
23歳で税理士試験に合格し、国内最大手の税理士法人で6年間の修行を積んだのちに独立。円満相続税理士法人の代表を務める。
ぶっちゃけ相続表紙
ぶっちゃけ相続

日本一の相続専門YouTuber税理士がお金のソン・トクをとことん教えます!
橘慶太(著)

※円満相続相談窓口にご相談いただいたお客様先着10名様にプレゼントいたします。

相続専門YouTuber税理士、「ぶっちゃけ相続」の著者、橘慶太さんが代表を務める「円満相続税理士法人」による無料相談キャンペーン実施中!

通常【相談料3万円(税別)/1時間】のところ、ロイヤルハウジング販売で専属専任売却をいただけた方に限り、「円満相続税理士法人」所属の税理士による相続相談を弊社にて負担させていただくキャンペーンを行っています。是非この機会にご相談ください。

※お取り扱いできない地域のエリア物件の際はお断りさせていただく場合がございます。ご承知おきください。

※相談対応は、原則として弊社にお越しいただくか、zoom等での対応になります。相続が発生しており、相続申告等が必要になりそうな方に限り出張対応が可能です。

さらにメルマガorライン@登録ですべてのお客様に相続相談1万円値引きキャンペーン実施中(今だけ)